女性に人気?ワンダーコアスマートの特徴

剛力彩芽さんのCMで瞬く間に女性の間で注目になり、今でも大人気のワンダーコアスマート。最初のワンダーコアをコンパクトかつシンプルにしたもので、発売から1年以上たっても人気が落ちることがないので、極端に価格が安くなることは当分なさそうですね。

背もたれ部分のアームに2つのクッションスポンジがついていて、それだけで背面を支えます。

倒れる時のサポート力がかなり強いため、ただ倒れるだけではあまり腹筋に影響しません。倒れると同時に後ろに押すようにすると力がはいり腹筋を鍛えてる感を実感できます。最初は倒れるだけでも腹筋を鍛えられていますが、徐々に物足りなくなるので、調整が必要です。

ワンダーコアスマートにダイエット効果を期待するのであれば、食事の管理を徹底して行い、トレーニングも継続的に行わなればいけません。

ダイエットはどんな器具でトレーニングを行うにしても、筋トレだけでなく食事管理が必要です。今テレビなどで話題のライザップでも徹底した食事管理とトレーニングのプログラムがあります。

ワンダーコアスマートはほとんど組立の必要はなく、届いたらすぐ使えます。組立が複雑だとその時点でやる気をなくすという方にはとってもうれしいです。
分からないことがあっても、添付のワークアウトDVDで組み立て方法から使い方まで説明があります。

負荷の調節もスプリングノブを回して調節するだけ、何かを外して付け替えるというような面倒さは一切ありません。ちょっと倒れてみて物足りないと感じたら、スプリングノブを回して簡単に調節できます。

ワンダーコアスマートには腹筋だけでなく、8種類の運動ができる機能があります。
腹筋と背中を鍛える「クランチ」、背もたれに後ろ向きに身体を乗せて腹筋を鍛える「ブリッジ」、後腕と二の腕を鍛える「トライセップ」、椅子にかけて背もたれに足を乗せて行う「アブタック」は腹斜筋と腿の筋トレ、二の腕を鍛える「プッシュアップ」、前腕と二の腕を鍛える「フォーアーム&バイセップ」、ふくらはぎと腿の筋トレ「シザーキック」、腿・腹筋下部、有酸素運動の「バイシクル」などです。

どれもやり方は簡単です。DVDで説明をみることができます。気に入った筋トレを取り入れてみるといいですね。筋トレは毎日行うより1日おきくらいのほうが効果が出るといわれています。大きい筋肉の筋トレは1~2日間おき、小さい筋肉の筋トレは1日おきくらいがいいと言われます。腹筋は回復が早いので毎日行ってもいいという説もありますが、筋肉痛があるようなら休んだ方がよいでしょう。

■腰痛持ちのワンダーコアスマート

ワンダーコアスマートは腰への負担もなく、腰痛の再発を心配する方などに向いていると思います。腰痛の治療で整形外科などに行くとしばらく、リハビリに通うことになります。そのメニューの中に足腰の筋トレが組み込まれていたりします。

また医師からも無理のない範囲での筋トレを薦められることがあります。
骨を外からの衝撃から守っているのは筋肉ですから、筋肉を増やすことがとても大切だということです。

ワンダーコアスマートは部屋に常に置いておくことにも抵抗感はなく、通常は座椅子のように使っているという方もおられます。そして1日の内の1分間を腹筋の筋トレタイムに当てるというやり方でもいいのではないでしょうか。

腰が弱いからと運動を避けていると筋肉が減ってしまい、慢性の腰痛持ちになってしまいます。そしてお腹周りに脂肪ついてしまいますから、ある程度の運動は必要です。
自分で腹筋を床で行うと余計腰が痛くなる恐れがあります。ワンダーコアスマートは負荷を加減できるので、腰痛持ちさんに向いているのではないでしょうか。

大きなワンダーコアは置き場所を考えなければなりませんが、ワンダーコアスマートは置くスペースを取りませんからその点からもワンダーコアスマートはおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>